忍者ブログ

片田舎で働く元システム管理者の日記 ver.2

日常の由無し事を書きつくっています。

ハンバーグの口福

ハンバーグがハンブルグステーキのことであるとか、そういうことをドヤ顔でのたまう方々はそういう要望があるところで食べていただければ良い。Wikipediaでも読んでいたらよろしい。あの巨大な百科事典を目指したサイトは、あらゆる場面で検索上位に顔を出すが、間違った情報の記述も少なくないから、その情報を鵜呑みにして、何処ぞのテレビ関係者のように恥をかけば良い。

子供の頃、ハンバーグというのは贅沢の証だった。私の祖父母の世代、すき焼きはご馳走であったようで、今でも、祖父母はすき焼きを年に数度食べたいものとしてあげる。これは金銭的な問題ではなくて、祖父母の体力的な問題で、近頃ではそれほど肉を食べたくないのだそうである(それでもそれなりには食べているように見えるが)。父母はどちらといえば、ステーキ(私の祖父母の世代はビフテキという言葉を使ったりする)が良かったということである。母は料理好きであったし、父も何故か調理師免許を持っていた(アルバイト経験の中で取得したと聞いた)。私が「ハンバーグが良い」と言うと、「ひき肉はクズ肉も混ざっているようなこともある」というような理由を付けて、あまり良い顔をしなかった。そして、いわゆる柔らかい和牛を良いものであると評価していた。それが贅沢であった世代なのだろう。

話が逸れた。ハンバーグの話しである。子供の頃、アメリカのホームドラマが放送された時、巨大なハンバーグが出てきた。そのハンバーグの上には目玉焼きとパイナップルの輪切りまでのっており、言うなれば、自分の好物がミックスされた上にパイナップルという病気でもしなければ食べられない果物が乗っている。「こんなものが当たり前の食卓に並んでいるのか!なんて羨ましいんだ!」と、いつかはその全部のせを食べたいと願っていた。

母にねだってみたところが、「温かい果物があまり得意ではない」という理由で作ってはくれなかったし、母にどんなにお願いしても、それほど大きなハンバーグにはならなかった。無論、調理道具の問題でもあっただろうし、それを話した頃、我が家は混乱の極みだったし、私は危うく当たり前の学校生活も踏み外しかけていて、その事を失念していたように思う。

長じて、ハンバーグ投げられた事件(頭から水もかぶりましたが)とか、色々とハンバーグにまつわる思い出はあるが、私の中で、巨大なハンバーグというのは、今なお、夢あふれる食べ物の一つである。自宅で作るときも巨大なハンバーグに整形してみたり、とにかく大きなモノを食べたくなる。普通はせいぜい150g程度の量なのだろうが、ついつい、その倍の300g。あるいは、500gというような量に挑戦してみたくなる。上にかけるソースは肉汁を煮詰めて、そこに赤ワイン(あるいは酒)を入れて、グッと煮詰めたものに、ケチャップを加えたものが良い。あるいは、ウスターソースを加えても旨い。ソースの変わりにみりんと醤油を加えれば照り焼き風のソースになる。ハンバーグソースなるものをわざわざ買ってくる必要は全く感じない。あるいは、焼き上がりにシソと大根おろし、加えて、ポン酢をかけてさっぱりといく手もある。惜しむらくは、もう、年齢に抗えず、どうやら、巨大なハンバーグは胃腸に多大な負担を強いるということだけである。その事が、残念でならない。

拍手[0回]

PR

娘が三歳になった。

早いもので、もう、娘が三歳になった。2011年の8月28日に産まれたから、今日で満三歳を迎える。健康に育っている事は何よりの幸せと言ってよい。まずは、そのことに感謝しなくてはならない。

今年に入って、ますます、色々と変わり始めていて、例えば、今年の始めから、家人は所属する企業でも立場も変わり、より忙しくなった。つい先日には、母が体調を崩して、おそらくは、人生でも初の少し長めの入院生活を余儀なくされる事になっている。私も久しぶりに社内で人事異動に関するを受けることになっていて、その準備を行っている。祖父母は健在ではあるが、娘の成長速度以上の速度で加齢による衰えを感じてしまう。
自分自身の年齢を省みる事が「成長」ではなく「衰え」によることがほとんどになるのは、いつ頃からだろうか。
「酒が弱くなった」
「食べる量が減った」
「疲れがなかなかとれない」
このようなことは同世代との話題になりやすいから、自分自身がそういう年齢であるという自覚はあったはずだが、平坦な道を進んでいるような話ではなくて、ゆるやかな下り坂とも言うべき傾斜があるらしく、加齢と共に速度を増しているようだ。若いころに自分を心身ともに鍛え上げれば上げるほど、その到達する所は高いところであって、下り坂に入った後の最後の最後は凄まじい速度がついて、一気に駆け下りていってしまうことになるし、自分の衰えに対する驚きもより大きなものになるということだと思われる(この辺りの考えについては別の機会にもう少し書いてみたい)。
逆に、娘はまだまだ上り坂を登り始めたところであって、脚力を鍛えながら、まだまだ登っていくに違いない。実際に、昨年の今頃よりは歩様もしっかりとし、自分で自分のことをしたがる。洋服を着る、靴を履く、あるいは、御飯を食べる。そういった人として当たり前の事に関する習熟度はグッと増して、飲食店でも騒ぐこともない。文字も読めるようになっているようだし、アニメのキャラクターの見分けもついているし、歌も唄える。友達とも彼女たち同士の世界があるらしく、私は日々勉強の毎日となっている。
「明日なら焼肉の日(8月29日)なのになぁ~」
と家人をリラックスさせる為に放った会心の一撃も担当助産師の凍てつく波動(何いってんですか?それどころじゃないですよ(怒))に打ち消されてしまった。あの夏の日がもう三年前だったかと思えば、感慨深い。
これからも娘は次々と成長を続けていくだろう。そして、彼女達の世代がおとなになった時のことについて、私の想像はそれほど明るいものではないのだけれども、時代時代にスマートに寄り添う生き方があると私は思っている。
私でも家人でも無く、彼女の人生であるから、彼女が彼女なりの考えで行動して欲しいし、考えて欲しい。世に言う「三つ子の魂百まで」を迎えるわけで、彼女のこれからも、やっと垣間見えてくるんだなと思えて愉しみなのである。

拍手[0回]

オムライスの思いで

オムライスについて、どのような印象を持っているだろうか?洋食の中ではメジャーなメニューの一つであり、嫌いな人はほとんど居ないんじゃないかと勝手に思っているメニューだ。

孫の中では年長であった私は特に祖父母に可愛がられた。弟が産まれた頃といえば、祖父が体を壊していたとかで、通院をしながら自宅療養をしつつ、次の仕事への準備を勧めていたことと重なって、祖父母の家で寝起きをしていた。

祖父母ともに、私は大変に可愛がられたし、甘やかされたとも思う。祖母はその頃、公務員(保育園で給食を担当していた)であって、その公務員の祖母の送り迎えも祖父がしていたように記憶している。いつもは、それほど盛り場を通ることは無いが、祖母が休みの日があったり、何かの記念の日であったり、そういう時には祖父母が連れ出してくれた。

決まって頼むのは、「お子様ランチ」であって、ライスに立っている旗が興味を引いて仕方がないのである。そのライスは「チキンライス」と相場が決まっているが、あるところで、祖父母に連れて行かれた福岡県の今は過疎化している街のデパート(とは言っても、ちょっとした大きなスーパーのようなところだが)で食べた、お子様ランチは、確か、そのチキンライスをふわふわとした薄焼き卵で巻いてあったように思う。

30年以上前のことで、私も完全な記憶であるという自信はないが、チキンライスに玉子までついているということは覚えており、その料理が「オムライス」であるということを教えてもらったのは祖父母からだと思う。

昭和一桁産まれの祖父母は同年代の人と比べても若い趣味を持っていて、祖父母は圧倒的に若かった。服装にしても、食べるものにしてもである。それは祖母の仕事も大きく影響していただろうと思う。様々の献立を料理する中で、祖母の料理の幅は同年代の人と較べても、現在の若い人間が食べる料理も多く作り、いわゆる色味のない食卓になるようなことはない。そのようなことで、私にとって、オムライスは特別な料理になった。

祖母はそれから、自宅でもオムライスを作ってくれるようになったし、母もよく作ってくれるようになった。どちらも、たっぷりの鶏肉の入ったチキンライス(とは言っても、炊き込むタイプではない)に、薄焼きの玉子を焼いて、くるりと巻いたもの。上にトマトケチャップがのせられていた。言うなれば、ベーシックオムライスである。祖母と母のオムライスの違いはチキンライスの質でどちらかと言えば、祖母の方が水分が少し少なめでケチャップの量も控えめであったのに対して、母のそれは手加減なしに調味料も入れた水分多めのしっとりとしたものであった記憶がある。どちらもそれぞれに大好物であった。

長じて、外食で自らがメニューを選ぶ時、どこかのレストランで、オムライスを注文した時、デミグラスソースが掛かっているものが出てきて、度肝を抜かれた。

「ケチャップじゃねえ…」

ケチャップの乗ったものしか知らない私には大変な衝撃であって、それはそれはびっくりしたことを覚えている。食べてみれば、なるほど、デミグラスソースのコクと中に入ったチキンライスの酸味が何やら一体となって、旨いものだと関心し、それが自宅ではそう簡単には作れないものであるという事も自らが料理するようになるときに知った。

その後は、地元を離れて、様々な場所で洋食屋に入り、オムライス、カツレツの二つがお約束のメニューとなった。その中で、日本橋たいめいけんの「たんぽぽオムライス」を注文した時、あのオムレツを2つに割るとトロトロの半熟卵がふんわりと広がる名物であって、この「半熟卵」+「チキンライス」がオムライスであるということを知り、自分の知っていたオムライスがまだまだ狭い範囲の話だったことを知った。

かくして、様々な場所で食べた結果、最後には自宅で食べるオムライスが最も好みのものとなり、少々、かけ過ぎじゃないのか?と言われるほどにタップリとケチャップを上に乗せて食べるオムライスの幸せに戻るということになる。色々食べた結果、最終的に最もベーシックな家で食べていたオムライスに戻ってしまった。

最近、このタイプを当たり前に出してくれる店が減った。先月だったか、先々月だったか、私の好きな作家の一人である山本一力氏が何かの番組で力説していたが、私の言うベーシックオムライスの素晴らしさを語っていた。やはり、色々食べた結果は、そこに戻るのではないかと改めて思った。再び、ベーシックオムライスが復権する日を待ち望んでいる。

拍手[1回]

残業代に関する議論について。あるいは、人不足について。

残業代がなくなるのではないか?という議論について、ホワイトカラーエグゼンプションなる何とも言えぬ横文字の制度を導入しようとしたときのことを、もう忘れている人も少なくはあるまい。この制度そのものについてはそれほどの異論はない。年俸制の給与体系においては、労働時間はそれほど重視されない(本来は、時間外労働を行えば、その部分については上乗せされねばならないが、その部分については曖昧な取り決めとなっている場合が多い)。または、残業時間が月に40時間を限度として、計算されないなどの仕組みを導入している企業も少なくない。法に照らして、それがどこまでが合法で、どこからが違法か?という事について、私自身、専門家ではないので、判定は難しいのであるが、労基を含めた指導機関。あるいは、社労士などのチェックを受けた結果でそれらを運用しているであろう企業が、上記のシステムを運用している以上は合法性が担保されているという事だろうと思っている。

私は残業代を支払わない事に対して、否定的ではない。というか、正確には見込み残業、あるいは、職種による取扱いの差異があって然るべきだと思っている。製造業の製造現場において、どのような努力をしても、拘束された労働時間による生産活動が必須である為、その生産活動が必要な場合においては、残業代は確実に発生し、それは評価されなくてはならない。
しかし、例えば、コンサルティング業務のような業務時間に個人差がより多きな仕事については、時間をかけた方が報酬が多いというのはおかしな話で、短い時間で同じ結果を出したほうが評価されるのが当然ではないか。時間をかけずに同じ結果を出した人は残りの時間で別の業務までこなしたかもしれない。あるいは、新たな取り組みを始めたかも知れない。

立場によって、状況によって、あるいは、その働き手の考えや状況、勤める企業の企業風土など様々な要因によって、決定される事であって、画一的に「残業代」だけの議論を行うことが正解であるとは思えない。

https://twitter.com/noiehoie/status/223563537165991936

をご覧いただきたい。このような状況がまかり通るという世の中には疑問を感ずる。私は、圧倒的に「チンカチンカのルービー」派と仲良くなれるというところがあって、「徹夜したんすよ。寝てないんすよー。辛いわー」派とは仲良くできそうもない。理由は問わずである。手段が10あったら、どの手段がその人にあっているか?は判らないのである。莫大な費用が掛かるとか、とてつもなく、手間が多いとか、そういう誰が見てもの手順を除けば、残った手段は単なる好みの差であることの方が多い。この点について、某STAPのO女史の場合とは異なる。STAP現象については、特定の手順で発生するという事であるので、その特定の技術的な手順の問題を提示しなくてはならないが、世の多くの人はそのようなシビアな手順を求められているわけではないし、「5+1」と「1+5」あるいは、「3*5」と「5*3」は結果としては同じであって、その手順に必要を求めない場合においてはどちらでもよいのである(無論、勉強をしていく段階で先々の理解の為に順番を守って、立式するべきという考えについても完全否定はしない)。

話が逸れつつある。この議論について、画一的な残業代ゼロ。または、アルバイトは業務委託であるという理由で残業代を払わないというゼンショーなる企業のシステムについては同意できない。このような部分を解決しないのであれば、残業代ゼロに突入するのは、あまり歓迎できないのではないかと思う。

この問題がもう少し進んでいく中で、人が集まらないという事態が発生している業種や会社も存在する。例えば、介護の業種は他の職業と比べて、低く見られがちであり、そもそも、介護という職業を独立した職業として認識していない人が多い。夫婦にとって、自分の嫁が家にあって、介護を行うという前提で成り立っていた世の中。そのような世の中では今はあり得ない。関係者には十分な報酬で報いなくてはならない。コンサルが何を言ったところで、ITの技術者が何を言ったところで、痴呆症の老人に飽きもせず対応する、あるいは、下の世話をする。そう言ったことが出来るというのは大変なことであると考えるがいい。ましてや、他人のそれを世話するという事の障壁の高さである。
ある企業は「サービスを開発したくても技術者が足りない」という。しかし、技術者が足りないというのは言い訳に過ぎず、「流行(はやり)の興亡速度」が上がり続けるなかで、自社で技術者を育てるという事をしないだけに過ぎない。この場合の技術者が足りないというのは「瞬間最大風速として人が足りない」だけであって、継続的に人が足りないわけではない。一つのサービスが延々と使い続けられる事はほぼなくSNSという比較的息の長いサービスであっても、オレンジのSNSの凋落を観ても判るとおり、一歩間違えば、それは放置された廃墟のごとく、落ちぶれていくというのが世の定めではある。平家物語の一説のごとく、それは、「盛者必衰の理」があるということであり、「奢れるものも久しからず」「ただ、春の夜の夢のごとし」「たけきものもついには滅びぬ」「ひとえに風の前の塵に同じ」と続く。つまりは、サービスが落ちぶれた時、次のサービスをすぐに作り出せなければ、再び、人件費という費用がのしかかり、人切りという事になるだろうし、最大手のいくつかがシステムの見直しをしようとしており、それは業界的にも信じられないほどの人月が必要であると言われている。その為に、人を集めているというのは、同じ業界にあれば、耳に入るし、実際に、誘われることも少なくない。私のような地方にいる人間の耳に入るぐらいであるから、東京にいる技術者の方々には最も身近なものなのではないか。しかし、それもまた、一過性のものであって、継続的に、その仕事があるわけではない。

「障壁」「一過性」「報酬」これらのことは、それぞれに深い関係性があり、バランスを取りあった結果、着地点が決まる。このバランスは企業と労働者との間では、双方が完全に納得できる着地点とするのは厳しく、どちらかが譲る場合が多い。これも、譲り合いであれば良いのだが、長い不況の間に企業側の立場が強くなりすぎて、労働者側が譲ることが当たり前になり、それがまかり通ってきたという事である。

どちらか一方が正しいという事を言うつもりはないし、どちらか一方が間違っているというわけでもないが「程よい場所と両面性」が物事にはあり、それを「道理」や「理」というのであって、「道理」も「理」もわきまえないままで、先に進む事は出来ない。新社会人が退職した事についての話題をよく見かけるが、それもまた、「道理」も「理」も通じなくなった事が原因ではないかと思うのである。

拍手[0回]

震災から3年を迎えて

あの日のことは今でも思い出せる。それは当事者ではないと言われたら、その通りなのであって、当事者以上のことは言えないのかもしれぬ。そして、当事者の方々に対しては、お見舞い申し上げるよりほかない(私は被災者という言葉がそれほど好きではない)。

遠く離れた福岡では、そのような災害が発生していると知る由もなく、平常通りに仕事が動いていた。仕事柄、今後、どうなって行くのか?については、想像に難くなかったが、それよりも先に現地がどのようになっているのか。あるいは、人命救助という点がどのように動いていたのかについての方が圧倒的に重要だったと思う。

私自身が現地に入ることも考えないでもなかったが、夏に娘が産まれる予定だったし、何よりも、少々距離がありすぎた。幾ばくかの募金と同業他社も含めての協力体制で少しだけのお手伝いをするだけだった。無力であるとは思う。けれども、無責任に何かをやりかけることは出来ない。

知人の一家が家ごと流された。生存者は居なかったと聞いている。彼のことを思い出すこともある。けれども、彼の親族の方々とそれほどの交流があるわけでもないし、ただ、たまに思い出した時に、そうだったなと改めて思い返すのである。悲しみということを思わないでもないが、それだけが弔いでもあるまいと思って、酒を飲み、飯を食っている。そして、その年に生まれた娘の成長を愉しみにしている。

そのことが、供養なのではないかとも思う。Twitterでは、こんなTweetが流れた。

=
生きてる奴は飯食ってクソしてわらってりゃあいいんだよ。それが大昔から変わらない弔いってもんだろ。
=

全くもって、ごもっともであると思った。そうあるべきでもあるとは思う。それがまずは私のできることであるだろうと思った。

まだまだ、復興という言葉は現実感が無いのではないかと思う。それはその場に生きている人にとっては永遠に元に戻ることのない実感を伴わない言葉に違いない。しかし、現実というのはその状態のことを指しており、日々、復興に向けての努力は続けられており、時の流れが、時には残酷に、時には清冽にかかわる人々の時間も動かしているという事だと思っている。

拍手[0回]

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Twitter

最新CM

[04/02 bahiz]
[11/28 スーパーコピー ロレックス デイトナ]
[11/03 偽物ブランド時計]
[09/30 スーパーコピー]
[09/23 ロレックス時計コピー]

プロフィール

HN:
filemente
性別:
男性
職業:
シス管(半分引退)/パチプロ(廃業)/総務経理系の管理部門(現職)
自己紹介:
田舎で一人、中小企業で、システム管理をしているはずが、いくつかの僥倖もあって、ちょっとポジションが変わったことだけ付け加えておく。格別の特徴は無いが、体型は完全なメタボリック体型である。近頃、とみに体重が増えた。また、歳を重ねる毎にアレルゲンが増してもいる。

学生時代から、バイトも含めて、随分と様々の職種をこなしてきたが、偶然にもシステム屋をしている。向き不向きでいうとそれほど向いているとは思わないが、それでも食い扶持を稼ぐためにはしかたがない話なのかも知れない。

結婚をした経験があり、独り身であったが、こんなメタボなバツありのところに遠いところからわざわざ嫁に来てくれる奇特な女性があった。よって、独り身では無くなった。二人身である。二人分の食い扶持のために働き続ける所存。止まらぬ汽車はまだまだ進むのである。

更に、娘まで授かってしまったので三人で暮らしている。家族となった。元来子供好きだったが、半ば諦めていたのでこれもまた僥倖である。家人には頭が上がらない。

というところで、更に、転職と転居を思い切ってしまったので、同じ片田舎であっても、南から北へ移動した。それは良いことかどうかはこれから答えが出るのではないか。

あと、システム管理者以外の業務が主なので「元」システム管理者になった模様である。

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

フリーエリア