忍者ブログ

片田舎で働く元システム管理者の日記 ver.2

日常の由無し事を書きつくっています。

アベノマスクが届き、色々と考えた。

2日ほど前、例の話題の阿部のマスクが我が家にも届いた。デザインは報道されている通りであり、台紙も全く同じものであった。特にこれといって、汚れている風でもなく、普通のマスクである。今の所、我が家では少しばかり高値ではあったが、使い捨てマスクを二箱おいてある。主に家族が使う用ためである。私は布製の洗えるマスクを使用しており、今の所はそれで事足りている。

国の方針としてどうかという議論を呼んだことは記憶に新しいが、他に行うべきことを思いつけなかったという意味で言えば、不幸なことであると思わざるを得ない。本人の発案なのか、あるいは、取り巻きの発案なのか。そのことは今となっては憶測でしか無いが、掛かる金額を勘案すれば、おおよそ正気の沙汰とは思えないマスク配りということではあった。

ただし、他に何か思いつくかと言われれば、思いつかないことも事実ではあり、ポーズという意味でいえば、「何もしていないわけではない」という言い訳の意味もあり、マスクを送付するという事になった可能性もあるだろう。大義名分が必要なことなのかもしれないが、明治の元勲たちの伝記などを読んでいれば、政治家というのはつくづく面倒なことであるし、本来は職業であってはならぬものがいつの間にか職業になってしまっているような気がする。寡聞にして、国会議員が職業欄にどのように記入するのかは知らんが、生家が実業を行っているような人だったり、あるいは、自分で起業して会社役員をしているような人ばかりではあるまいから、国会議員と記入しない場合は、「無職」か、「個人事業主」というような事になるのかもしれない。

海外では、よほど大きなところでなければ、無給で議員をしているようなところも少なくないとのことなので、本来はそういったことなのかもしれない。本当の意味で、自分でお金を出さなければ、議員が続けられないような制度ということでもある。元々、選挙権にせよ。被選挙権にせよ。納税額で決まっていた時代があった(これを制限選挙という)。今のような制限のない普通選挙になったのは、そんなに昔の話でもなく、女性の参政権までを範囲に入れるとすれば、昭和20年の終戦後ということになる。それはおおよそ正しい方向性で時代が進んだということの結果であるとは思うが、それから75年ほどの月日が流れた。人の暮らしは変化し、寿命も大幅に伸びた。定年だって、平成の初頭ぐらいまでは、55歳での定年だったわけである。60歳定年制の導入は平成10年。再雇用の義務化は平成2年。それまでは努力義務ということであり、55歳、60歳で引退し、預貯金と年金で暮らす人も少なくなかったということでもある。それが、65歳、70歳というところまで伸びた。人生の配分を考え直さなければならない。人が全力で走れる距離が同じだったとして、ゴールだけ先に進んでしまったわけで、そう簡単に最後まで同じペースで走れるわけでもあるまい。

選挙権だって、喫煙だって、飲酒だって、始まりはもう少し先に伸ばしていいような気もするし、ある程度の年齢になったら、選挙権は返上しても良いような気もする。私も四十路であるが、あと、30年ほども労働者人生が続くとなると少しばかりゲッソリとする気もするのである。その前に、突然死するかもしれないし、事故死するかもしれないし、天寿をまっとうするかもしれないし、コレばかりはわからないのであるが。ただ、いつか死ぬことだけはわかっていることであり、その死んで終わるまでの間のかなりの期間が労働にまみれている状況になっているのが今ということになる。

拍手[0回]

PR

財務的思考に則る今後

どうしても、その類の話が多くなってきてしまうのは、やむを得ない事情であるが、まもなく、緊急事態宣言は解除されるとのことである。解除されれば終わりということでもないが、それによって、状況の変化が生まれることは間違いない。良し悪しは別の話としてであるが。個人的には全然治まっていない感しか無いのに、このような状況でよろしいのかと再確認するしかないとは思う。「経済がもたない」という主張はわかるが、そもそも、それほど長く持つと思われる経済状況ではないし、深刻に考えないとしても、BIの導入による様々の簡素化などの方法も先々は現実的な話かもしれない。そもそも、労働者が足りないというだけではなくて、その労働者は裏を返せば、消費者でもあるわけで、そのパイが減っているということには自覚的である必要があることだろう。

さて、私も企業に勤めており、その企業で奉職している以上はその企業のためになることをしなければならない。どのようなことがその企業のためになるか?は、その状況によっても異なるので一概には言えないが、誰もが組織に良いことをするために、業務にあたっているということであるとは思う。

私の担当分野は、IT関連、総務、法務、人事、財務などなど多岐に渡るが、概ね、営業活動以外の全ての経験があるといってよい。営業が強い会社の場合、それ以外の部署が弱かったり、人数が足りていなかったりというようなことが少なくないのだが、営業だけが強くても、組織としては成り立たないので、ある程度、それ以外の部分を組織として運営する人々の存在はなくてはならない。その中で、この騒動では「財務」としての思考を求められている部分が大きい。この騒動で財務的に出来ることは、ほぼどのような組織でも言えることであるが「手元資金を厚くする」の一択であり、そのために、即必要な資金でなくても借入を行うことが肝要であると思える。キャッシュレスといったところで、口座に資金がなければ企業は死ぬ。そうならないためには、口座資金を厚くするための方策を多くとらねばならない。その方法としては口座に残るお金を増やすために、固定経費を圧縮する。一時的にジャンプする。あるいは、補助金の受給をするなどの方法が取りやすい。銀行融資を受ける方法もあるだろう。このご時世で銀行融資は受けやすい。積極的に融資は受けておくほうが良い。そのようなことで、様々な書類を作成し、各自治体や金融機関に連絡をしているということでもある。

拍手[0回]

騒ぎが大きくなっている間に

「コロナ禍」で良いのかどうか。この騒ぎはどうしようもないことでもあるし、誰が何をしたからどうなったということでもないこの病気を発端にした騒ぎである。手の打ち方が気になるとか、色々な見方はあるのかもしれないが、結果としては、外出の自粛騒ぎが全世界で起こっているということでもある。

昔、小説でバイオテロをテーマにしたものがあった気がする。タイトルを思い出そうとしたが思い出せない。ここで「私の記憶が確かならば」と語り始められるほどの記憶力は今の私には無いようである。「私の記憶が確かならば」という言い回しの元は「料理の鉄人」ではなくて、アルチュール・ランボーの「地獄の季節」の一節であったと思う。アルチュール・ランボーはフランスの詩人であり、その原文はフランス語で書かれているが、学がないのでその原文をそのまま読むようなことは出来ておらず、日本国内で最も多く流通しただろうし、読まれていたであろう小林秀雄の訳によるものを読んだ記憶は朧気ながらある。その続きは「私の生活は宴であった」と続くものだった気がする(訳文では「私」ではなく「俺」だったかもしれない)。「宴」は概ね良い意味で使われ、柳田国男で言うところの「ハレとケ」で言えば「ハレ」でもあることではないかと思う。しかし、今回の騒ぎは「ケ」ではあるが、明暗の「暗」部分の「宴」のような気もする。「宴」は何かのきっかけをもって、始められるものであり、その「宴」は始まりや終わりを告げるものであることが多い。今回の「宴」がどのような事柄の始まりなのか。あるいは、終わりなのか。その結果は数カ月後、あるいは、数年後には結果が出るということであろうか。余談が過ぎた。

そのバイオテロのテーマの小説では、最後の解決への道筋はほとんどのフィクションにおいて「覚悟を決めた科学者や医者が特効薬のようなものを作ったり、ワクチンを作ったりし、消防、警察、軍隊などがそれをもって解決する」とか、「地下から過去の遺産のようなものが噴出して解決する」とか、「宇宙から謎の生命体が解決策を持って来てくれる」とか、そういったことがほとんどであり、それを能動的か、受動的かで分けると「小説的なお話の構造」が何種類か作れるというようなことである。これもタイトルを忘れてしまったが、小説の書き方のような本の中には話の筋を単純化し、分類するような手法を紹介するものもあって、ベストセラーと呼ばれるような小説もいくつかの類型にできるというような結論でもあった。その類型に納得出来る理由は現実の出来事もその類型のように進んでいく部分は少なからずあるということでもある。つまり、今回の騒ぎの結末は「特効薬やワクチンが開発され、十分に行き渡りインフルエンザと同様に流行性のなにかであると認識されるまで続く」ということではないかと思われる。

寡聞な中でも、そのような動きが進んでいることは聞き及んでいるが、そんなに短時間にそれを開発できたとか、出来るとかいう話は報道されていないので、もう少しは続くんだろうと思って、傍観しているところではある。勤め先の関係上、十分な注意は必要ではあるので、各種のイベントを全て中止(入社式とかそういう季節ですね)するとか、会議を減らすとか、出張を取りやめるとか、色々と事が起こっているのは事実ではあるが、それもこのご時世で致し方のないことであるとも思う。不謹慎の誹りを免れないとは思うが、私個人として思うことは「普通に暮らす」のが一番いいんじゃないのか。ということであり、それ以上でもそれ以下でもない。自分の日常を維持しつつ、周りの変化に必要以上に首を突っ込むことはせず、最小単位である自分自身、次の単位である家族、さらには、友人、職場というような少しずつ大きな単位に合わせて、出来るだけ日常と変わらないように毎日を過ごすことが正解なのではないかと思えてならない。慌てて何かをしたところで余計な混乱になるだけであり、そのようなことは過去の事例にも少なからず存在しているということでもあるのである。未来には学習することは出来ないが、過去には学習することは出来るし、起こっていない事態には備えることと心配することしか出来ないが、起こった事態には「最善の対処・対応」をすることが可能であるのだ。

拍手[0回]

人品という言葉あるいは民度ということば

私が物心付いてから、大きな地震というのが今回の熊本地震によって三つ目となった。罹災された方にはお見舞申し上げるしかなく、また、私の出来ることなどはほぼ無いわけだが、そういう中で少しばかりの支援をすることとした。「やらない偽善よりやる偽善」というよく言われる言葉が必ずしも正であるとは思わないが、心持ちは別にして行動する者を非難したり、邪魔したりということについては到底認められる行為であるとは思えない。

震災は様々の条件が重なり、結果としてこのような被害になる複合的なもので、震度や震源地、あるいは、時間帯、発生場所などを単体で比較することは出来ない。それらが全て重なった結果で大きな被害になる。

過去の震災を振り返れば、阪神・淡路大震災の折には地震とその後の火災が大きな被害に繋がり、東日本大震災については地震とともに発生した巨大津波によってあのような被害になった。今回の熊本地震に関しては、前述二つの被害拡大条件は起こらなかった。それはその他の条件によって起こらなかったことでもあろうし、前述の二つによって教訓を身に付けて進歩した部分もあって被害を抑えることが出来た部分もあっただろうと推察している。

その代わりにSNSやTV報道の偏向ぶりには辟易するような事態が多く、放射能の話題を出し続ける人、地震は人工的に起こったものであるという話など、ノストラダムス以下の話題が多く流れてきて、以前よりもより酷いのではないかと思えてならず、他者の信義信条についてとやかく申したくないが、私はそのような話についてネタにするにも程があるだろうし、TPOもわきまえないことだと人品を疑う。

隣接する福岡県まで一部の食料や飲料まで姿を消す騒ぎとなった。家人も少しばかり、水を買っておこうと言っていたものの買うことは出来なかった。私は「さもしいことはしないようにしよう」と家人に声を掛けた。実際に、我が家では何の被害もなかったし、何の問題もなかったのだから、慌てて何かをするようなことはしたくなかったし、するべきではないと考えた。このタイミングで自宅用に水を大量に購入する。食料品を買いだめするなどの行動に出るものは喉元をすぎればそのような備蓄について考えることはしないだろうし、無駄になるだけに思える。オイルショック時のトイレットペーパーが無くなるという流言飛語に近いのではないか。調べればわかるが、あれは単なる流言飛語であると判明しているし、一部の銀行の取り付け騒ぎも同じような流言飛語で発生した事例は幾つもある。

人の本質だけは何年経っても変わらず、あるいは、民度という尺度でいえば、上がっている人と下がっている人の差が顕著になって、良くも悪くも、金銭だけではない格差が拡がっていると思えてならない。

拍手[0回]

5年を過ぎて震災について

震災から、3・11で5年を過ぎた。早かったといえば、早かったといえるような気もするし、もっと、直截な当事者にとっては長い年月だったのかもしれないとも思う。テレビも新聞もネットもあらゆるメディアで当時のことを振り返ることが為されており、それはそれで、忘れないという意味では必要なことかもしれないけれども、忘れることによって次に進むことが出来る可能性も考えた時、必ずしも、それが正解であると思えないのである。

本来は次の一歩へ進む取組について表に出すような機会にするべきではないのかと思えてならない。永遠に戻らない時間と永遠に同じ形にはならない土地。その2つに対して、何が出来るのかと考えた時、それでもそこで暮らす生活が有り、それでも、動かさねばならない設備が有るのだということについて、考えを巡らせないわけにはいくまい。私は原発賛否は別にして、今あるものを止めるのは意味が無いことであると考えている。今あるものは動かして、十分な発電量を担保しつつ、原子力に替わる別の発電方法を模索し、新造していくべきではないか。そうすることで次へ進めるのではないか。

エネルギーコストなどについては、私は専門家ではないので、具体的にこれが良いと思いつくことはないのだが、元々は原子力発電所がない時代もあったわけだし、省エネに関して言えば、技術革新が進んで、同じ規模のモノを動かすのに必要な電力は年々減っているはずであり、そのような努力は様々な企業が行っていることでもあって、そこに対するバランスのようなものが釣り合うタイミングがどこかで訪れるだろうとは予想できる。

そもそも、九州に住んでいると被害を被ることになる、PM2.5などの問題のほうがよほどに思い問題であって、あの化学物質で命を落とす人が居るということはあまり報道されないが、実際にはかなりの数居るのである。原発云々の前に隣の国の事とはいえ、そちらを何とかするべきではないかとも思われるのである。

ともかくも、戻らない、戻れない。それを悲観せず次へと進もうとする人を応援する気持ちだけは亡くしたくないものだ。何が出来るかわからないけれども、少しばかりの募金(小銭程度だが)は5年経った今も継続している。他に思いつかない私の唯一の応援方法であるからだ。

拍手[0回]

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Twitter

最新CM

[04/02 bahiz]
[11/28 スーパーコピー ロレックス デイトナ]
[11/03 偽物ブランド時計]
[09/30 スーパーコピー]
[09/23 ロレックス時計コピー]

プロフィール

HN:
filemente
性別:
男性
職業:
シス管(半分引退)/パチプロ(廃業)/総務経理系の管理部門(現職)
自己紹介:
田舎で一人、中小企業で、システム管理をしているはずが、いくつかの僥倖もあって、ちょっとポジションが変わったことだけ付け加えておく。格別の特徴は無いが、体型は完全なメタボリック体型である。近頃、とみに体重が増えた。また、歳を重ねる毎にアレルゲンが増してもいる。

学生時代から、バイトも含めて、随分と様々の職種をこなしてきたが、偶然にもシステム屋をしている。向き不向きでいうとそれほど向いているとは思わないが、それでも食い扶持を稼ぐためにはしかたがない話なのかも知れない。

結婚をした経験があり、独り身であったが、こんなメタボなバツありのところに遠いところからわざわざ嫁に来てくれる奇特な女性があった。よって、独り身では無くなった。二人身である。二人分の食い扶持のために働き続ける所存。止まらぬ汽車はまだまだ進むのである。

更に、娘まで授かってしまったので三人で暮らしている。家族となった。元来子供好きだったが、半ば諦めていたのでこれもまた僥倖である。家人には頭が上がらない。

というところで、更に、転職と転居を思い切ってしまったので、同じ片田舎であっても、南から北へ移動した。それは良いことかどうかはこれから答えが出るのではないか。

あと、システム管理者以外の業務が主なので「元」システム管理者になった模様である。

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

フリーエリア