忍者ブログ

片田舎で働く元システム管理者の日記 ver.2

日常の由無し事を書きつくっています。

地上波テレビの視聴

ビデオデッキが一般化して以来。あるいは、HDDレコーダが一般に普及して以来かもしれない。ネット環境の普及とスマートフォンの普及も影響しているのかもしれない。そういったことで、人はオンタイムでテレビの前に座っている必要がなくなった。自分のスケジュールで見れば良いということでもあるし、CM飛ばしは当たり前になったし、今では録画をネット経由で視聴することすらできるので、場所さえも選ばなくなったということでもある。

俗なことしかやっていないから観ないという話ではない。共通言語として成り立っていたものが成り立たなくなったし、そういう時代でもあるのだということでもあると思う。

その事に、気がついている人と気がついてない人と気が付きたくない人と買えたくない人と。色々な理由や色々な思惑があって、今の現状になっていると思われる。このまま行けばどうなりますか?という質問に明確に答えられる人は多分居ないのではないかと思う。

ニュースぐらいしか、地上波でやる必要はないという考えもあるのだろうと思う。色々なオンラインサービスがあるが、それらは有料モデルを採用している。実際にはごく安価な値段で観ることも無理ではないのだが、その値段の妥当性というのは個人差の範疇であるといえる。コストコホールセールというアメリカ企業がある。アメリカの小売の中でも最大手の一つであるが、同社は会員になるための会費を徴収している。そして、その会費で主な費用を賄っているモデルなので、商品を薄利販売することは不可能ではないという仕組みになっている。しかしながら、今のネットの動画配信サービス等の有料化と収益化は簡単な話ではない。

そもそも、ネット関連のサービスに対して、金銭が発生するという感覚がいつまで経過しても希薄であるから、無料で映画をアップロードするなどの行為がいつまで立っても消えない。その事によって、結果としていつまで経っても、コンテンツにお金を払うという文化が育たなかった。その一因にテレビ文化というのも加担していて、CMが流れる代わりにTVという機器を変えば無償で視聴できるということが、どうやら、宿痾となっているような気がする。CMを観ない代わりに、1000円払うシステムがあってもいいし、安価で多チャンネルを楽しめるサービスがもっと増えてもいいのではないかと思う。今の日本の地上波は既に「安かろう・悪かろう」のお手本という気持ちがしてならないのである。

拍手[0回]

PR

アベノマスクが届き、色々と考えた。

2日ほど前、例の話題の阿部のマスクが我が家にも届いた。デザインは報道されている通りであり、台紙も全く同じものであった。特にこれといって、汚れている風でもなく、普通のマスクである。今の所、我が家では少しばかり高値ではあったが、使い捨てマスクを二箱おいてある。主に家族が使う用ためである。私は布製の洗えるマスクを使用しており、今の所はそれで事足りている。

国の方針としてどうかという議論を呼んだことは記憶に新しいが、他に行うべきことを思いつけなかったという意味で言えば、不幸なことであると思わざるを得ない。本人の発案なのか、あるいは、取り巻きの発案なのか。そのことは今となっては憶測でしか無いが、掛かる金額を勘案すれば、おおよそ正気の沙汰とは思えないマスク配りということではあった。

ただし、他に何か思いつくかと言われれば、思いつかないことも事実ではあり、ポーズという意味でいえば、「何もしていないわけではない」という言い訳の意味もあり、マスクを送付するという事になった可能性もあるだろう。大義名分が必要なことなのかもしれないが、明治の元勲たちの伝記などを読んでいれば、政治家というのはつくづく面倒なことであるし、本来は職業であってはならぬものがいつの間にか職業になってしまっているような気がする。寡聞にして、国会議員が職業欄にどのように記入するのかは知らんが、生家が実業を行っているような人だったり、あるいは、自分で起業して会社役員をしているような人ばかりではあるまいから、国会議員と記入しない場合は、「無職」か、「個人事業主」というような事になるのかもしれない。

海外では、よほど大きなところでなければ、無給で議員をしているようなところも少なくないとのことなので、本来はそういったことなのかもしれない。本当の意味で、自分でお金を出さなければ、議員が続けられないような制度ということでもある。元々、選挙権にせよ。被選挙権にせよ。納税額で決まっていた時代があった(これを制限選挙という)。今のような制限のない普通選挙になったのは、そんなに昔の話でもなく、女性の参政権までを範囲に入れるとすれば、昭和20年の終戦後ということになる。それはおおよそ正しい方向性で時代が進んだということの結果であるとは思うが、それから75年ほどの月日が流れた。人の暮らしは変化し、寿命も大幅に伸びた。定年だって、平成の初頭ぐらいまでは、55歳での定年だったわけである。60歳定年制の導入は平成10年。再雇用の義務化は平成2年。それまでは努力義務ということであり、55歳、60歳で引退し、預貯金と年金で暮らす人も少なくなかったということでもある。それが、65歳、70歳というところまで伸びた。人生の配分を考え直さなければならない。人が全力で走れる距離が同じだったとして、ゴールだけ先に進んでしまったわけで、そう簡単に最後まで同じペースで走れるわけでもあるまい。

選挙権だって、喫煙だって、飲酒だって、始まりはもう少し先に伸ばしていいような気もするし、ある程度の年齢になったら、選挙権は返上しても良いような気もする。私も四十路であるが、あと、30年ほども労働者人生が続くとなると少しばかりゲッソリとする気もするのである。その前に、突然死するかもしれないし、事故死するかもしれないし、天寿をまっとうするかもしれないし、コレばかりはわからないのであるが。ただ、いつか死ぬことだけはわかっていることであり、その死んで終わるまでの間のかなりの期間が労働にまみれている状況になっているのが今ということになる。

拍手[0回]

財務的思考に則る今後

どうしても、その類の話が多くなってきてしまうのは、やむを得ない事情であるが、まもなく、緊急事態宣言は解除されるとのことである。解除されれば終わりということでもないが、それによって、状況の変化が生まれることは間違いない。良し悪しは別の話としてであるが。個人的には全然治まっていない感しか無いのに、このような状況でよろしいのかと再確認するしかないとは思う。「経済がもたない」という主張はわかるが、そもそも、それほど長く持つと思われる経済状況ではないし、深刻に考えないとしても、BIの導入による様々の簡素化などの方法も先々は現実的な話かもしれない。そもそも、労働者が足りないというだけではなくて、その労働者は裏を返せば、消費者でもあるわけで、そのパイが減っているということには自覚的である必要があることだろう。

さて、私も企業に勤めており、その企業で奉職している以上はその企業のためになることをしなければならない。どのようなことがその企業のためになるか?は、その状況によっても異なるので一概には言えないが、誰もが組織に良いことをするために、業務にあたっているということであるとは思う。

私の担当分野は、IT関連、総務、法務、人事、財務などなど多岐に渡るが、概ね、営業活動以外の全ての経験があるといってよい。営業が強い会社の場合、それ以外の部署が弱かったり、人数が足りていなかったりというようなことが少なくないのだが、営業だけが強くても、組織としては成り立たないので、ある程度、それ以外の部分を組織として運営する人々の存在はなくてはならない。その中で、この騒動では「財務」としての思考を求められている部分が大きい。この騒動で財務的に出来ることは、ほぼどのような組織でも言えることであるが「手元資金を厚くする」の一択であり、そのために、即必要な資金でなくても借入を行うことが肝要であると思える。キャッシュレスといったところで、口座に資金がなければ企業は死ぬ。そうならないためには、口座資金を厚くするための方策を多くとらねばならない。その方法としては口座に残るお金を増やすために、固定経費を圧縮する。一時的にジャンプする。あるいは、補助金の受給をするなどの方法が取りやすい。銀行融資を受ける方法もあるだろう。このご時世で銀行融資は受けやすい。積極的に融資は受けておくほうが良い。そのようなことで、様々な書類を作成し、各自治体や金融機関に連絡をしているということでもある。

拍手[0回]

GWと母の日

GWは到底ゴールデンではなかった気がする。ゴールデンで無くなった理由については言うまでもなく、「コロナ禍」による外出自粛の規制のためといえる。ところで、「コロナ渦」と記載してしまったマスコミも居ると聞くとどう考えても、完全な勘違いな気がして不幸なことであると思えてならない。それはさておいて、外出自粛については各個人の命をつなぐために必要な行為であったという見方が強く、そのことに疑いは無いと思える。個人あっての、国であり、国体であり、国家であるという観点から見れば、このように個人を守るというのは間違ったことではない。一部では沈静化しつつあるという見方もあり、もし本当にそのシナリオどおりに進むならめでたいことであると思う次第である。しかし、その結果、様々な面で被害が広がりつつあることはいうまでもない。このような国難というよりは人類に関する問題にどのように対応していくのかについては、それぞれの立場で決めていくしかないという話である。

GWといえば、福岡に在住していた頃は親類と少しだけ集まりつつ、タイミングによっては群馬県に向けての里帰りを行うタイミングということになっていた。それを考えれば今年のような何もない休みは非常に珍しく貴重というよりは類を見ない残念な連休であったといえる。家人も娘も実に代わり映えのしない毎日であったろうとも思う。シビアに見ているわけではないが、私よりも家人のほうが今回の騒ぎに対してしっかりと反応しており、不急の外出は避けており、娘の外出も極力避けるように動いている。私は勤め先が休みになるような業種ではないため、平常出勤している状況であり、このような騒ぎが起こったからといって、何ら変わりない。ただし、相手先の自粛が継続しているため、商談を含めて多くの事案がペンディングとなっているのは事実である。そこでテレビ会議でもなんでも、導入して進めればいいのであるが、案外とそういう話にはならない。その辺りが今勤めている業界の限界なのではないかと思えてならない。

かと思えば、先日は母の日であった。母の日に何をするのかと申せば、母に感謝をし、何かを贈る日である。遠路となった今では配送する以外の選択肢はない。今年もやっとのことであるが、贈ることが出来たのでまずは良しとしなければならない。どちらの母にも、つまり、家人の母にも高いものではないが贈ることが出来たようである。母に贈るということでいえば、あとは、我が家の母つまりは家人に何を贈るかを考えなければならない。家人はあまり物欲がない(というか、あるのだが、その物欲が結構大物に限定されている。例えば、趣味のための自動車を持ちたいというようなことなので、現実的な物欲として表出しない)ので、毎年、食事をしたり、洋服をプレゼントするなどのことぐらいしかしていないのだが、今年はこのようなご時世のため、外出もままならず、そのような選択肢を取ることが出来ない。非常にやりづらいことであるといってよい。

この2つの例をとっても、今の日本経済というところの不幸さはにじみ出るものである。この需要で多少は称揚するであろうはずの売上その他について霧散してしまったということでもある。先行きを考えれば、6月以降は様々な企業の話が表に出てくることが予想される。そのような段階を生きているということを考えれば、自分の身の回りの身奇麗さが改めて問われることなるのだろう。

拍手[0回]

新年度、新学期、新入生とビフォー・アフター

4月である。エイプリルフールネタは別にして、新年度、新学期、新入生、新社会人などなど、つまりは、「新」ということである。「しん」「あらた」と読む。「心新たに」(こころあらたに)するということでもあるだろうか。

このような「コロナ禍」ともいうべき、「禍」(わざわい)の最中でも、時は止まることはない。いわゆる、世界中で使われている時間の基準はグリニッジ天文台で計測される平均太陽時のことであり、グリニッジ天文台は緯度が0度にある。そこからの緯度で各地の時間は決まっている。現在では別に原子時計による協定世界時というものもある。ほぼ、その2つは同じであるが、微細な差があるため、そのズレを「うるう秒」として調整されるということになっている。という余談はまあ良いけども、ともかく、時の流れはゆく川の流れの如くに止まることはない。ゆく川の流れが止まれば、流れるはずの水は何処かで溜まり、淀み、結果として別の厄災を産み出すきっかけになることが多い。そうならないためにも、区切りで「新」ということをもう一度考える必要があると思っている。

昨年の同日、私は勤めを変えたし、引っ越しもした。郷里を離れて、1300キロぐらいの長駆である。やっと一年経とうかというときに、このような世間になると誰が予想しただろう。国を挙げて、今は様々なところを支援する必要があるということもあるし、あるいは、英語でいえば「ビフォー・アフター」的な世の中になるやもしれぬ。この「ビフォー・アフター」というのがどのような変化になるのかについても、予想の範囲を超えるものではないし、どれだけ予測しても、そんな予測通りに世の中が動いくわけでもあるまい。

リモートワークが大きく発達し、世の中の働き方改革が進んでいくという予想をする人もいる。あるいは、多くの企業倒産が発生するのではないかとも予想する人もいる。ハイパーインフレを予想する人もいる。予測は様々に出てきており、そのどれもが「確からしさ」をそれぞれに出してくる。あくまで「確からしさ」であって、確かであるという確定的な何かではない。俗な言い方をすれば「それっぽい」という理由でそれがもてはやされ、拡散されることになる。

世の中の仕組みは大きく変わりつつある気がする。昭和生まれの私の記憶では、情報ソースは限られており、今のように遠方の人と簡単にやり取りをする方法は皆無であったから、得られる情報は今以上に画一的で、テレビで流行している歌謡曲などは老若男女が同じ流行りを知っていた。あるいは「昨日、○○観た?」というような前日のテレビ番組に対する会話。または、プロ野球の結果、一部の新聞報道などが情報ソースであったし、その結果、なんとなく画一性がうまれていた。現在は情報の拡散の範囲も広く、あるいは、その情報ソースも多様化し、場合によっては個人がなにかの情報を発信することすら出来る。このような世の中での「ビフォー・アフター」の予想は困難であるといえる。画一的な入口(情報ソース)を多数が得ており、それが共通認識になっているときには、多数が同じ方向に動く流れが生まれる可能性が高いが、それが画一的でない場合は同じ方向に動く流れが大きくなりにくい。

このように、世の中の仕組みは少しずつではあるが変化し続けており、今となっては共通認識を持つことも困難を極め、戦争論的な話でいえば、局地戦を繰り返すだけの負け戦のセオリーのような世の中の動きになりつつあるということでもある。その点が今の世の中の風景として、私に認識されており、どう考えても良い方向に流れているとは思えないなあと考えている次第である。まずは、家族が平常に動けるようになる日が早く到来してほしいと願っている。

拍手[0回]

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Twitter

最新CM

[04/02 bahiz]
[11/28 スーパーコピー ロレックス デイトナ]
[11/03 偽物ブランド時計]
[09/30 スーパーコピー]
[09/23 ロレックス時計コピー]

プロフィール

HN:
filemente
性別:
男性
職業:
シス管(半分引退)/パチプロ(廃業)/総務経理系の管理部門(現職)
自己紹介:
田舎で一人、中小企業で、システム管理をしているはずが、いくつかの僥倖もあって、ちょっとポジションが変わったことだけ付け加えておく。格別の特徴は無いが、体型は完全なメタボリック体型である。近頃、とみに体重が増えた。また、歳を重ねる毎にアレルゲンが増してもいる。

学生時代から、バイトも含めて、随分と様々の職種をこなしてきたが、偶然にもシステム屋をしている。向き不向きでいうとそれほど向いているとは思わないが、それでも食い扶持を稼ぐためにはしかたがない話なのかも知れない。

結婚をした経験があり、独り身であったが、こんなメタボなバツありのところに遠いところからわざわざ嫁に来てくれる奇特な女性があった。よって、独り身では無くなった。二人身である。二人分の食い扶持のために働き続ける所存。止まらぬ汽車はまだまだ進むのである。

更に、娘まで授かってしまったので三人で暮らしている。家族となった。元来子供好きだったが、半ば諦めていたのでこれもまた僥倖である。家人には頭が上がらない。

というところで、更に、転職と転居を思い切ってしまったので、同じ片田舎であっても、南から北へ移動した。それは良いことかどうかはこれから答えが出るのではないか。

あと、システム管理者以外の業務が主なので「元」システム管理者になった模様である。

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

フリーエリア