忍者ブログ
日常の由無し事を書きつくっています。
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    Twitter
    最新CM
    [06/26 ロレックスコピー品]
    [02/20 faux montre daytona occasion]
    [02/20 copy love cartier bracelets]
    [02/20 cartier love braccialetto copia]
    [02/20 love bangle cartier copy]
    プロフィール
    HN:
    filemente
    性別:
    男性
    職業:
    シス管/パチプロ
    自己紹介:
    田舎で一人、中小企業で、システム管理をしているはずが、いくつかの僥倖もあって、ちょっとポジションが変わったことだけ付け加えておく。格別の特徴は無いが、体型は完全なメタボリック体型である。近頃、とみに体重が増えた。また、歳を重ねる毎にアレルゲンが増してもいる。

    学生時代から、バイトも含めて、随分と様々の職種をこなしてきたが、偶然にもシステム屋をしている。向き不向きでいうとそれほど向いているとは思わないが、それでも食い扶持を稼ぐためにはしかたがない話なのかも知れない。

    結婚をした経験があり、独り身であったが、こんなメタボなバツありのところに遠いところからわざわざ嫁に来てくれる奇特な女性があった。よって、独り身では無くなった。二人身である。二人分の食い扶持のために働き続ける所存。止まらぬ汽車はまだまだ進むのである。

    更に、娘まで授かってしまったので三人で暮らしている。家族となった。元来子供好きだったが、半ば諦めていたのでこれもまた僥倖である。家人には頭が上がらない。
    バーコード
    ブログ内検索
    P R
    忍者アナライズ
    フリーエリア
    里帰りに行っていた。そう、家人の妹(つまり、私の義妹)が結婚式を迎える由。お相手の男性も私も会ったことがあった。なかなか美男美女の二人である悪い結婚式にはなるまいと思うのである。ただ、群馬県が遠いというだけに過ぎない。

    福岡県に居ると、群馬に帰るのは札幌に行くよりも大変な作業になる。というのは、空港からの距離に依存している。空港からが遠いとこんなにも大変なのか?と福岡で育った上にそれからもそれほど不便な場所で暮らしたことが無いので理解出来なかったということである。群馬はネットでいわれるような「グンマー」というような事でも、秘境でも無い。実際に行けば解るがちょっとした東京郊外ぐらいの街であり、自家用車さえあれば、何一つ不便は無い街であると言って良い。

    まあ、それは良い。今回はまずは関東入りを成田空港とした。新規参入のLCCを使ってみたかったという私のわがままと予算の関係が合致した結果の選択である。成田空港には仕事の関係で少々ではあるが、出入りをしていた事があったので、それほど違和感は無かったが、羽田と比べれば不便だなという気持ちにはなる。今回はレンタカーで、一路、横浜へ向かい、家人のネイルを仕上げていただき、終わった後に東京で肉会を開いた。多くの方々が集まり、それは楽しい宴席であった。宴席終了後に群馬入りし、翌日の披露宴に参加。その後は帰宅し、翌日には上諏訪へと義祖母の喜寿の祝いで旅行に出掛け、さらに、一泊後、翌日に長野県から高速道路を成田へ。天気も悪くなく、爽快なドライブであった。

    あまり、内容を書かずに列挙するとそうでも無いが、よく考えれば飛行機無しでも移動距離が500キロを超えて、飛行機分も入れれば2000キロぐらい移動している計算になる。良くもこのような弾丸ツアーにしたものだと思わないでも無いが、私と家人にとってはそのようなタイミングでも無ければ会えない人々との邂逅があり、その邂逅によって、エネルギーを貰い、そして、日々の活力にしている面が大きく、愉しい日々が無くては、到底先には進めず、私たちの暮らしも前を向かないのである。

    今回もお会いできた方々にはお礼を申し上げるより他ない。皆様のおかげで。というと、卑屈だと言う人も居るが「お陰様で」という気持ちは卑屈なものではなく、高貴な気持ちであり、その心無くしては先には進めないぐらい重要な素養の一つと言って良い。そのような心持ちを持てるのも、また、今回、お会いできた皆様と家人の家族の方々のお陰だろうと思っている。ともかく、忙しく、疲労もしたが、良い充電になった。今年もあと三ヶ月。踏ん張り温泉という言葉がいよいよという所にはなる。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    誕生日を迎えた事について HOME 娘が一歳になった。
    Copyright © 片田舎で働くシステム管理者の日記 ver.2 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]