忍者ブログ
日常の由無し事を書きつくっています。
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    Twitter
    最新CM
    [10/24 ブランドコピー時計]
    [10/17 韓国コピー時計]
    [09/13 hermes bracelets replica]
    [09/09 copy ring cartier]
    [09/01 玻璃钢储罐]
    プロフィール
    HN:
    filemente
    性別:
    男性
    職業:
    シス管/パチプロ
    自己紹介:
    田舎で一人、中小企業で、システム管理をしているはずが、いくつかの僥倖もあって、ちょっとポジションが変わったことだけ付け加えておく。格別の特徴は無いが、体型は完全なメタボリック体型である。近頃、とみに体重が増えた。また、歳を重ねる毎にアレルゲンが増してもいる。

    学生時代から、バイトも含めて、随分と様々の職種をこなしてきたが、偶然にもシステム屋をしている。向き不向きでいうとそれほど向いているとは思わないが、それでも食い扶持を稼ぐためにはしかたがない話なのかも知れない。

    結婚をした経験があり、独り身であったが、こんなメタボなバツありのところに遠いところからわざわざ嫁に来てくれる奇特な女性があった。よって、独り身では無くなった。二人身である。二人分の食い扶持のために働き続ける所存。止まらぬ汽車はまだまだ進むのである。

    更に、娘まで授かってしまったので三人で暮らしている。家族となった。元来子供好きだったが、半ば諦めていたのでこれもまた僥倖である。家人には頭が上がらない。
    バーコード
    ブログ内検索
    P R
    忍者アナライズ
    フリーエリア
    ダイエットブームが到来した。主に家人に。私も体調不良も重なって居ることでもあるし、三十路を過ぎてすっかり贅肉の塊になった自分を久しぶりに叩いて(鍛えて)みようかというような気持ちになった。子供の頃は普通体型であった。それが、小学校、中学校とかなりの肥満状態が続き、高校入学後に幾つかの事情で、強制的なダイエットを迎えることになった。

    その原因の一つに、靭帯断裂による入院が挙げられる。長閑な入院生活。今であれば、情報デバイスもあり、多くの時間を楽しめると思うのだが、当時はそんなことは出来なかったので、テレビを観るぐらいしか楽しみがなかったのだが、残念なことに、その病院では二人部屋に入院していたにも関わらず、テレビは有料であった。

    その金銭を母親はくれたが、それをムダにすることも出来まいと思って、昼の時間と夕方の時間と夜の時間と大体2時間程度の時間をテレビを観ることにし、残りの時間は活字を読むことに費やした。本を読むことは悪いことではないという考えが、私の家族にはあるようで、本を読んでいることに対して、とやかく言われた覚えが無い。むしろ、それは賞賛されるべき行為とされていた(今もその傾向は有るし、私のその傾向を引き継いでいると言って良い)。

    その頃に読んだ本は割りとよく覚えていて、長編の歴史物から、その当時のデビュー作家から、評判になっていたエッセイまでどちらかと言えば、横断的に読んだように思う。今は一冊読むとその作家の著作を読み進む縦断的な読書を行うことが多いように思うので、今よりは切り替えが巧かったのかもしれないし、あるいは、本の内容に入るのが早かったということかも知れぬ。例えば、ある作家のエッセイに別の作家の著作を紹介されていたとすれば、その紹介されていた本を読んでみるというような読書をした。

    入院していた病院は実家からそれほど離れていない整形外科であったが、そこそこに名前のある病院であったらしく、手術した医師もまた、名のある人であったそうで、予後もよろしく、格別の問題はなかったが、設備面と食事面は全く期待できないというようなことだったが、足を怪我しているということでもあって、自分で何処かまで出掛けるにも一苦労であるので、余計な食事は取らない。そして、管理された食事が定時に出される。ダイエットの初歩の初歩と言って良い生活を送ることで、急激な減量をした。

    退院後にも、その食生活や生活習慣が取れなかったせいか、急激に減量をすることになった。その後、社会人となり、体を壊したり、わりあいと厳しい生活を送っていく中で、痩せたというか、やつれたのだが、実家に帰り、更に、家人と世帯を持ったことによった安定したものか、そこそこに膨らんでしまった自分がいて、そろそろ、改めようかと思っていた所に、家人がダイエットを開始したので、相乗りしょうかという塩梅である。

    私はついでなので、好物でもある豆腐を多めに食べる生活を行ってみようということで、主に豆腐を食べている。それ以外を一切口にしないということではないが、とりあえず、豆腐主体とした。

    元々、豆腐類が好物であって、私にとっては、焼いた厚揚げ、おでんの厚揚げなど大御馳走であって、それが出ていれば文句を言うわけでもない。安いことだと思わないでもないが、そういうことになった。飽きるまで試してみることにしよう。それで、体が健康になれば何よりのことではある。

    せっかくなので、昼食も試してみようということを思いつき、家人がお弁当を作る手間も省けることでもあるので、会社でも食べられるようなメニューということで、豆腐茶漬けにハマっている。豆腐をレンチンして、御茶漬海苔を掛けて、お茶を掛けただけ。誠に、簡単で料理と言えるようなものではないかも知れないが、存外と腹持ちも悪くないので、オススメしたい。コツとしてはお茶漬け海苔に醤油か、塩を少しだけ加えて、お茶を多めに掛けることである。お茶は日本茶でも烏龍茶でも良い。熱々を掛ければ良い。ネギでも散らせばご馳走風にもなる。

    こうして、12月も半ばを迎え、2013年の暮れの合図がこのような流行になるとはつゆ知らず、今年もあと2週間ほどである。新たな年を迎える準備が始まっている。終わり良ければにならって、今年を締めくくり、良い年であったと振り返りたいし、また、来年が良い年になるための準備もして行きたいのである。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    新年を迎えて HOME 片田舎の現場と中年の気持ち(以下略)
    Copyright © 片田舎で働くシステム管理者の日記 ver.2 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]