忍者ブログ
日常の由無し事を書きつくっています。
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    Twitter
    最新CM
    [10/24 ブランドコピー時計]
    [10/17 韓国コピー時計]
    [09/13 hermes bracelets replica]
    [09/09 copy ring cartier]
    [09/01 玻璃钢储罐]
    プロフィール
    HN:
    filemente
    性別:
    男性
    職業:
    シス管/パチプロ
    自己紹介:
    田舎で一人、中小企業で、システム管理をしているはずが、いくつかの僥倖もあって、ちょっとポジションが変わったことだけ付け加えておく。格別の特徴は無いが、体型は完全なメタボリック体型である。近頃、とみに体重が増えた。また、歳を重ねる毎にアレルゲンが増してもいる。

    学生時代から、バイトも含めて、随分と様々の職種をこなしてきたが、偶然にもシステム屋をしている。向き不向きでいうとそれほど向いているとは思わないが、それでも食い扶持を稼ぐためにはしかたがない話なのかも知れない。

    結婚をした経験があり、独り身であったが、こんなメタボなバツありのところに遠いところからわざわざ嫁に来てくれる奇特な女性があった。よって、独り身では無くなった。二人身である。二人分の食い扶持のために働き続ける所存。止まらぬ汽車はまだまだ進むのである。

    更に、娘まで授かってしまったので三人で暮らしている。家族となった。元来子供好きだったが、半ば諦めていたのでこれもまた僥倖である。家人には頭が上がらない。
    バーコード
    ブログ内検索
    P R
    忍者アナライズ
    フリーエリア
    梅雨明けをしたと思えば、いきなりの夏になる。近頃は助走というのが無い気がする。いきなり、気が付いたら、季節の移り変わりをしている。「そういえば…」と言うことでも無く、梅雨明け宣言の途端に真夏であるといってよい。私はどちらかと言えば、寒い季節の方が良いが、年々、暑さが厳しくなるわけで、寒い季節よりも暑い季節の方が長いという気がする。暮らしている地域にもよるかも知れないが。

    今夏、様々の出来事が起こる事が確定的で自分自身の身の振り方についても考えなくてはならない季節なんだろうと思っている。恵まれたポジションに居るという見方も出来るだろうけれど、それが確実に恵まれているという保証は何処にも無い。広い視野で見る必要だってあるだろう。3年ぐらいの周期で見れば、定点観測を続ける私の視野の中で5名ほど割と大きな転機を迎えたようだった。転職、結婚、出産、引越し。様々のイベントが起こり、その内のいくつかではお亡くなりになった方もおられた。

    生まれて最初に解る事が死ぬ事ではある。他の事情はわからない。大過なく過ごせる人も居れば、あるいは、大病を得る人も居るだろうし、家族・友人に恵まれる人も居れば、仕事で大成功する人も居る。全ては当人の努力次第なのかも知れない。けれども、そういった不確定な要素の中で万人に平等に訪れるのは死ぬ事だけだ。

    いつも死ぬ事を考えている事が大事だとは言わない。ただ、確実な出来事は「死ぬ事」であり、確実に誰にも訪れることであるなら、その事はたまには振り返らなくてはならない。それが大人と子供の差なのでは無いかと思うのである。近頃では、成長が遅いとよく言われる。子供っぽい大人が増えたという話である。それは様々の技術が発達し、長生きできるようになり、戦中・戦後を乗り越えて、「死」について向き合った大人達の後輩や子供に対する優しさでは無かったか。「自分たちのような思いをすることは無い」という優しさの中で、私どもを含めた世代はある種の甘やかしを受けてきたのだろうと思える。

    日本は豊かになった。路上生活者だって生きていけるぐらいには飽食ではあるのだ。そして、それはある種の豊かさでもある。その中ではそう簡単に危機感を抱えなくてはならないような事は起こらないということでもあるだろう。「子供には逞しく育って欲しい」それは全くその通りで、私自身もそうなって欲しいと思うが、私の周りに居る人々を見て、それほど厳しい教育をしている人々が居るようには思えず、私もまた娘には厳しく出来ない。

    これでは何かを悟るような事は難しいのでは無いか?と思えてならない。生家ではない家族を持ち、家庭を作って、初めて、その事に本当の意味で差し当たるような事であるだろう。このような穏やかな心持ちで過ごせることは、家人のお陰だろうし、家族を持ち、家庭を持った事によると思うのだ。それまでは簡単には気が付かない。そう思えば、「近頃の若いもんは…」という言い草も中途半端な時期を迎えた証左では無いか。考えてみるがいい。ずっと年上の人々はそんなことを言わない。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    娘が2歳になった。 HOME 梅雨が明けた
    Copyright © 片田舎で働くシステム管理者の日記 ver.2 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]