忍者ブログ
日常の由無し事を書きつくっています。
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    Twitter
    最新CM
    [06/26 ロレックスコピー品]
    [02/20 faux montre daytona occasion]
    [02/20 copy love cartier bracelets]
    [02/20 cartier love braccialetto copia]
    [02/20 love bangle cartier copy]
    プロフィール
    HN:
    filemente
    性別:
    男性
    職業:
    シス管/パチプロ
    自己紹介:
    田舎で一人、中小企業で、システム管理をしているはずが、いくつかの僥倖もあって、ちょっとポジションが変わったことだけ付け加えておく。格別の特徴は無いが、体型は完全なメタボリック体型である。近頃、とみに体重が増えた。また、歳を重ねる毎にアレルゲンが増してもいる。

    学生時代から、バイトも含めて、随分と様々の職種をこなしてきたが、偶然にもシステム屋をしている。向き不向きでいうとそれほど向いているとは思わないが、それでも食い扶持を稼ぐためにはしかたがない話なのかも知れない。

    結婚をした経験があり、独り身であったが、こんなメタボなバツありのところに遠いところからわざわざ嫁に来てくれる奇特な女性があった。よって、独り身では無くなった。二人身である。二人分の食い扶持のために働き続ける所存。止まらぬ汽車はまだまだ進むのである。

    更に、娘まで授かってしまったので三人で暮らしている。家族となった。元来子供好きだったが、半ば諦めていたのでこれもまた僥倖である。家人には頭が上がらない。
    バーコード
    ブログ内検索
    P R
    忍者アナライズ
    フリーエリア
    家人が転職した。というのも、本人が希望して、そうなったわけではなく、家人の勤め先の都合によって、余儀なくされた話であった。その辺り、経緯については家人がブログに書いていたので、知っている人はご一読くださればと思う。

    そういうわけで、家人の職探しが始まった。職探しについて、私としては自分の持っている知見で「このような住所であれば通勤が楽なのではないか」「◯◯社については私も取引をしたことがある」などというような周辺情報を伝えるなどした。ハローワークインターネットサービスも活用した。なかなか見やすい情報が出てくる事に感心した。あるいは、他の求人サイトについても、勤め先の関係で、その手の企業とのやり取りを持っていたので、ちらほらと観ておくようにした。家人の性格からして、落ち込むことは目に見えており、最悪、欝状態も十分にあったわけで、その状況に長く置いておくことは得策ではないと判断した結果の行動であった。

    最初の3件ほどは縁がなかったものの、一度、気分を一新し、検索範囲を拡げ、気になる職種についてよく見直し、そして、応募した数社の内の一社から、他社に先駆けての内定が出たということである。この日が期せずして、私の誕生日の日であった。こうして、9月末から10月末までの一月ほど期間で次の一歩を踏み出した。

    その間には様々なお声掛けもいただき、ご協力もいただいたので、その方々に感謝しなくてはならないし、私の関連の方にも、数人に打ち明けた結果、「うちの面接受けないか?」というようなハンティングのような話まで飛び出していたので、その中で、自分で見つけた新しい職について本人が満足してくれればと願って止まない。

    このような時、夫としてどのような心持ちでいればいいのか?ということを考えてみたが、取り立てて、大きな騒ぎにすること無く、保険、年金、税金といった部分についての手配を行うと同時に、平常を維持しつつ、ちょっとした家事のお手伝い等についても、引き続き継続していくぐらいしか出来ることはない。あとは、職がなかなか見つからなければ、自分の持っている縁の中から相談するか、専業であっても問題がないという安心感をどれだけ出せるかを考えるしか無い。

    そういうわけで、再び、共働きの日常が戻ったが、家人の勤務時間が前職よりも早まったので、朝の支度が少しだけ忙しくなったのが変化かもしれない。現在、我が家では23時就寝5:30起床が推奨されている。出勤時間は家族全員が7時15分~7時30分の間ということになる。なんとも、健康的な話ではないか。その原因が何にせよ。家族の習慣が変わる様というのはなかなか愉しい。今年もあと僅かにはなったが、その僅かの間にこの習慣にも慣れていくに違いない。

    「結婚」「娘の誕生」「家人の就職」「実母の病気」「家人の転職」とこれまでの転機を思い出せば、毎年のように何か起こっている。誰の人生も平穏なものなどなくて、「毎日がドラマティック」それもむべなるかなと思う次第だ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    我が家の明け暮れ HOME 娘が4歳になった。
    Copyright © 片田舎で働くシステム管理者の日記 ver.2 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]