忍者ブログ
日常の由無し事を書きつくっています。
2018 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2018/06 07
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    Twitter
    最新CM
    [11/25 ルイ ヴィトン 腕時計]
    [10/24 ブランドコピー時計]
    [10/17 韓国コピー時計]
    [09/13 hermes bracelets replica]
    [09/09 copy ring cartier]
    プロフィール
    HN:
    filemente
    性別:
    男性
    職業:
    シス管/パチプロ
    自己紹介:
    田舎で一人、中小企業で、システム管理をしているはずが、いくつかの僥倖もあって、ちょっとポジションが変わったことだけ付け加えておく。格別の特徴は無いが、体型は完全なメタボリック体型である。近頃、とみに体重が増えた。また、歳を重ねる毎にアレルゲンが増してもいる。

    学生時代から、バイトも含めて、随分と様々の職種をこなしてきたが、偶然にもシステム屋をしている。向き不向きでいうとそれほど向いているとは思わないが、それでも食い扶持を稼ぐためにはしかたがない話なのかも知れない。

    結婚をした経験があり、独り身であったが、こんなメタボなバツありのところに遠いところからわざわざ嫁に来てくれる奇特な女性があった。よって、独り身では無くなった。二人身である。二人分の食い扶持のために働き続ける所存。止まらぬ汽車はまだまだ進むのである。

    更に、娘まで授かってしまったので三人で暮らしている。家族となった。元来子供好きだったが、半ば諦めていたのでこれもまた僥倖である。家人には頭が上がらない。
    バーコード
    ブログ内検索
    P R
    忍者アナライズ
    フリーエリア
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新年ということになった。2018年である。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

    毎年、年末には某かの日記を書くことを自分でやってきたのであるが、今年はそれが出来ていない。忙しさは理由にはならない。ただ、書いていないだけでもあるだろう。

    昨年の秋から、転職活動を本格化している。自分で言うのも何だが、そんなに簡単に考えているわけではない。転職というのはそれなりの労力を伴うものだし、自分自身がその渦中に自分を置くというのはそれなりのリスクを取るということでもある。黙っていれば、家族が食べていく程度の収入を得ることは難しい事ではない。自分自身がやっている仕事に対しても、多少の自負はあるとも思う。自分が居なければ仕事が廻らないとまでは思わないが、少なくとも、自分が行っていることが無駄なことではないとは思う。

    しかしながら、自分の身勝手だけで暮らしていくことは難しい。祖父母を無事に送ることが出来た。こうして、私の身内は大きく分けて、直系の親族では母と弟の二人だけということになり、傍系では従兄弟のみとなった。私が大きく気にしなければならないのは母のことだけということになり、その母も大病を乗り越えて、自らで立とうとしている。

    私は次はどうするのかと言われたら、家族を中心に考えなければならない。つまりは、家人と娘のことである。今のところは私を含めた3人家族であり、この3人家族の小さな集まりが私にとっての中心となっている。この暮らしを廻していくことが、私の目下の命題であって、それに関しての最良を目指していかなくてはならない。それを妨害するものは除外しなくてはならず、障害になる要素は少しでも少なくする必要がある。

    家人は三十代前半である。私は四十路。つまりは、不惑である。あと、20年弱は娘の行く末を見守る必要が少なくともある。そこに対する責任は果たさなくてはならない。その後、娘がどのように成長するかについては、私がとやかくすることではない。自己責任とは思わないが、目鼻を付けて、生活力を付けてやることぐらいしか、私が出来ることはない。そのために最良を探すことが私に求められていることでもある。

    「仕事にやり甲斐」などというのは綺麗事であり、その見返りを求めて行くと決めたからには、綺麗事だけで仕事をするつもりはないということでもある。「金に色は付いてない」ということであり、そのことに考え至っている。まだ、「金に色をつける」には至っていない(個人として)ので、娘が大きくなっていく課程でそのようなタイミングを目指したほうが良いかも知れないとも思うが(つまり、宝くじ当たりたい)。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    HOME 転職という行動1
    Copyright © 片田舎で働くシステム管理者の日記 ver.2 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]